外国人の会社設立なら会社設立JAPAN

JapaneseKoreanChinese
オフィス拠点 池袋 新宿 渋谷 上野
アジア経済をリードする日本!ビジネスチャンス多数!
会社設立のパートナーをお探しなら『会社設立JAPAN』へ
HOME無料相談のお申し込み日本の制度サイト運営者会社設立後このサイトについて
ホーム >> 税務・会計
税務・会計
税務・会計

日本では、会社を設立するとすぐに法人税の届出を税務署へ、法人事業税の届出を県と市町村(東京都23区の場合は都税事務所)へ届出をしなければなりません。


また1年に1回必ず『税務申告』をする必要があります。税務申告をするには決算書(貸借対照表・損益計算書)を作成する必要があります。その決算書(貸借対照表・損益計算書)を基に法人税・・事業税・消費税等の計算を行い税務署に申告します。


この申告を正確に行うには専門的な知識が必要になります。『会社設立JAPAN』では日本の税務・会計制度に不慣れな外国人経営者のために税理士によるサポートシステムを整えております。


※投資経営ビザの更新時(1年または3年ごと)に税務申告書類の提出を入国管理局から求められております。税務申告書類の作成には専門知識が必要です。税務・会計については税理士に依頼することをお勧めしております。

会社設立後税務手続き代行  21,000円
(税理士顧問契約をすると、会社設立後税務手続代行が10,500円)

 

税理士顧問契約
御社の年商 月額顧問料(税別)
1000万円以下 18,000円
3000万円以下 24,000円
5000万円以下 36,000円
1億円以下 48,000円
1億円超 応相談

顧問契約には『毎月の会計記帳、税務・会計相談』をすべて含みます。
決算書作成&確定申告は月額顧問料の5ヶ月分となります。